2017年6月19日月曜日

6月19日天白農園日記 圃場管理作業

研修旅行の余韻にひたっている間もなく、149.600.000kmより照りつける熱線から畑を守るためお集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、高柳貢、山内君子、酒井徳子、川原田みどり、渡辺道代、長瀬美佐江、増井玲子、一柳初美、黒木佳子、鬼頭ひかる(新人)、大根田文代、鈴木祝子
農業研究会
㈱山田組 筆者
です。
それぞれの野菜に水遣りをしたあと圃場管理作業を行いました。
D区画西瓜畝の整理、つるの下に藁を敷き込み保護します。もういくつもの実を付けています。
ナスの整枝作業、二本仕立てでの整枝作業、主枝がどれか?どこの芽摘みをすべきか?坂野指導員の根気の良い説明が続きます「何べん言われてもなかなか覚えられんわ!」
みんなそうだったのです。ベテランでも前に通った道です!頑張れ!
ナスは肥料食い!水のみ果菜と言われるほど水と肥料を欲しがります。このように立派な樹勢!日頃の野良サポの皆さんの努力の結果ですね💛
集合写真です。吹き出す汗がファンデーションを吹き飛ばし、健康そのもの若々しい皮膚が!体脂肪消費状況の確認はご自宅で!
次回作業予定です。
6月30日金曜日09:00から行います。
メーンの作業はジャガイモの収穫です。いっぱい出来ています。豊作の予感!
ジャガバタでも肉じゃがでも!レンチン料理に最適の食材です。

2017年6月17日土曜日

6月17日天白農園日記 飯田市への研修旅行

標記の研修旅行にお集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
石川博恵・真親子、石川君子、川原田淳・みどり夫妻、久野久代・なつみ祖孫、黒木真澄・佳子夫妻、小林佳子・真悠子親子、酒井徳子、高柳貢、長瀬美佐江、坂野清久、増井玲子、山内君子
農業研究会
㈱山田組毛利尚弘、筆者です。
行程の概略です。
08:00平針駅発⇒中央道飯田インター⇒リンゴの郷⇒天竜下り⇒昼食長門屋桒はら⇒昼神温泉阿智の里ひるがみ⇒中央道⇒平針駅
天竜下りは一艘の船をチャーター出来て豪快な川下りを楽しみました。
次のお目当ては美味しい飯田の特別料理!この研修旅行を企画された川原田ツーリスト自慢のお店💛幅広いKネットワークを使い、友が友を呼んで紹介されたお店だそうです。
先ずは門構えから。築302年の庄屋さんの家を改造して作られたそうです。「私の在所と同じ苗字」と久野久代さん(旧姓桒原久代)店の門構えです。
古民家をそのまま整備してあります。長押などもピアピカに磨かれて清潔感のただよう室内です。皆で「乾杯」!
前菜です。季節野菜の盛り合わせ!獲れたての地元野菜!
次にコーンスープ
メーンディシュはSPF豚を使った豚丼、臭みがなくてさっぱりしたお肉です。
オーナーの桒原さんの説明ではSpecific Pathogen Freeの略で、無菌状態で出産させて育てた特別なお肉だそうです。
予定通り研修を終わり、定刻に平針駅で解散しました。
次の農作業は6月19日09:00からです。キュウリなど収穫物が沢山あります。ご参加ください!








2017年6月9日金曜日

6月9日天白農園日記

「梅雨入りした模様」と発表がありましたが、異常気象ともいえる季節はずれの少雨!農家の悲鳴が聞こえてきそうです。
筆者は町内行事で参加できませんでしたが、坂野指導員から次のような報告がありました。

坂野です。
6/9の作業報告
1-草取り作業 B区画とD区画
2-剪定・間引き作業 キュウリ、ミニトマト、ナス、スイカ、ニンジン
3-収穫 キュウリ、ナス、ブロッコリー、ズッキニー
4-ミニトマトを鳥害ブロックのため防虫ネットを張る-モロッコインゲン編立補強

全員で、先日の雨で草は勢い良くのびていて、悪戦苦闘しましたが何とか暑い中約1時間程度、草取り作業できれいになり、野菜はその分、順調に育っております。
さつまいもも、そろそろツルが伸びて、前々回に種まきをしたパクチー、空芯菜も芽がでていました。
つぎに剪定作業を野菜別にわかれ行い、一番希望が多かったのはナスの剪定でした。
前回、選定のやり方書いた印刷物をみながら、実地をおこない皆さん、納得されうなずいていました。お土産は先日、収穫したタマネギ、ブロッコリー、キュウリ、ズッキニー、間引きしたニンジンでした、我が家では早速、おかずになりました。

今後お願いがあります、水やり作業はお近くの方と前回書きましてが、近くの方だけでは人数が足りないと申し出がありました。作業日程があわなくて来れない方も遠くの方も近くに来ましたら、ぜひとも水やりにきて、ご褒美としてキュウリ、ナスなど収穫してきてください。よろしくお願いします。

次回は、6月19日(月)9:00です。
本日の出席者(順不同敬称略)11名
坂野清久、高柳貴、山内君子、、一柳初美、増井玲子、洒井徳子、鈴木祝子、長瀬美佐江、石川君子、大根田文代、土井典江

C区画サツマイモ畑での除草作業です。
草取り風景1.jpg を表示しています
B区画の除草作業です。
草取り風景2.jpg を表示しています
集合写真です。
全員集合写真.jpg を表示しています











次回作業予定は、6月19日09:00からです。
研修旅行は6月17日です。08:00地下鉄平針駅のいつもの場所集合です。

再度のお願いですが、水遣り作業が大変なようです、今までは近所の方にお願いしていましたが回数が多くなりローテーションが組めないそうです。
水遣り作業に参加いただける方は、山内総料理長まで連絡してください。
よろしくお願いします。

2017年5月30日火曜日

5月30日天白農園日記

筆者が参加できなかったので、坂野指導員から次のレポートが送られてきました。
そのまま掲載します!
坂野です。
5/30作業
1 D区画玉ねぎの収穫と畝を立て苗(オクラ、落花生、)植えと種まき(モロヘイヤ)
2 主にB区画、キュウリ、トマト、ナスなど夏野菜の剪定と追肥、苗植え(カボチャ)、種まき(空心菜)
3 高柳さんからもらったヤマイモを袋栽培(昨年サツマイモ用として使用した袋リサイクル)してみる
4 近くの人が交代で水やり当番を決める。
本日は多くの方が参加され、大きな玉ねぎを一人では抱えきれないほどもらってみんな嬉しそうです。
農園には今までないくらい野菜の種類がぎっしりと植え付けてありこれらのお世話が大変ですが、その分収穫の楽しみがあります。
苗と種まきする野菜はすべて終わり8月までありません。皆様ご苦労様でした。
これから収穫と水やり、草取りですが皆さんのご参加をお願いします。
ちなみに、これから6月7月中に収穫できる野菜を一例として(現収穫も含む)
ズッキニー、ジャガイモ、ブロッコリー、キュウリ、ミニトマト、ナス、ニンジン、ピーマンなど
*本日みえていないサポーター方玉ねぎを天日干しをしてありますので水やりなどして随時取りに来てください。
参加者(順不同敬称略)15名
坂野清久、高柳貴、黒木真澄、中尾武美、山内君子、一柳初美、渡辺道代、久野久代、
増井玲子、鈴木祝子、長瀬美佐江、洒井徳子、小林佳子、黒木佳子、石川博恵
次回の作業日程
6/9(金)、6/19(月)共にAM9:00より行います。万事、御誘いの上よろしくお願いします。

             坂野さんから送られた写真です。
                苗の植え付け作業風景
山芋の袋栽培の模様
玉ねぎの天日干作業風景



2017年5月25日木曜日

5月25日天白農園日記 種まきなど

「あいにくの雨」の方もいらっしゃるでしょうが、種まきする人にとっては「干天の慈雨」です。
そんな中ご参加いただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、山内君子、鈴木祝子
農業研究会
㈱山田組 筆者
でした。
芋苗は見事に活着!すべての苗が根付いています。
D区画には今は流行りの「パクチー」を播種しました。向かって左が鳴門金時、右がピーマンです。その他に、A・B区画の湧水地帯にには「クレソン」の苗の移植と種撒きしました。おしゃれなハーブが育ちましように!
坂野指導員による、キュウリの整枝作業指導です。キュウリはすでに収穫できます。次回作業が楽しみですね。成績の良いズッキーニは毎朝一柳さんが授粉に来園されているそうで、毎回沢山収穫できるのも初美ちゃんのおかげです💛
ナスは二本仕立てで管理されるそうで、脇芽摘みなどの整枝作業ご指導を受けました。
雨の中楽しそうに作業をなさっています。豊作の予感!
次回作業予定ですが、5月30日(火曜日)13:00から行います。
作業内容は、玉ねぎの収穫と天日干しと収穫後の整地作業を行います。
この日に玉ねぎの分配をします。沢山のご参加をお待ちしております。
研修旅行の申し込みは今月中です。
山内さんまで早めの申し込みをお願いします。

2017年5月16日火曜日

5月16日天白農園日記 追加農作業など

「芋苗は活着してるでしょうか?」心配してお集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、一柳初美、増井玲子、長瀬美佐江、酒井徳子、鈴木祝子、山内君子、小林佳子、石川博恵
農業研究会
㈱山田組筆者
です。
芋苗は見事活着していました!早速水遣り、畝の真ん中の溝にホースで水を流すだけで灌水できます。坂野指導員の発案は素晴らしい!
A・B区画の湧水対策を若手で行いました。深さ40㎝ほどの溝を掘り、木材や竹などの資材を埋め込み湧水の通り道を作る計画です。
私たち”土木女子”の力を見よ!とガッツポーズ!意気軒高な若手野良サポ長瀬さん、石川さん、小林さんです。
治水工事の完成形です。資材の上に枯草などを敷き詰め通路にしました。これで靴の汚れも軽減されるでしょう。
D区画では、坂野指導員提供のモロッコインゲンを植えました。支柱は坂野さんと高柳さんが15日に作って下さったものです。
本日お集まり頂いた方々です。今日も良く働きましたね!
次回作業予定は5月25日09:00からです。
皆さんお待ちかねの研修旅行の内容が川原田ツーリストのみどり社長から送られてきました。
6月17日の行程表です。
 平針 8時 出発 →→→中央自動車道  恵那峡SA ( 休憩 )  →→→ 飯田IC →→→天竜峡 舟下り 11時 →→→昼食 長屋門 桒はら 12時 →→→昼神温泉 阿智の里 ひるがみ ♨︎ 14時30分→→→中央自動車道  恵那峡SA ( 休憩 ) →→→ 平針 17時
      舟下りとランチは予約済、 温泉も連絡済
申し込みは
野良サポーターの方は⇒山内総料理長に、天白農業研究会の方は⇒㈱山田組毛利取締役管理部長に今月中にお願いします。
マイクロバス利用で、参加費は大人5000円、子供1000円となる予定です。

2017年5月14日日曜日

5月14日天白農園日記 子ども会芋苗植え付けイベントを行いました。

雨で順延となった標記のイベントを予定通り行いました。
お集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
酒井徳子、高柳貴、中尾武美、一柳初美、石川博恵・真親子、小林佳子・真悠子親子、増井玲子、山内君子、黒木佳子、坂野清久、岩橋麻由美
農業研究会
大島造園土木㈱渡瀬敏雄、㈱山田組山田厚志、筆者
の皆さんです。
準備のため09:00集合、全員で円陣を組み気合を入れます。
10:00子供たちが集合、参加したのは向の山子ども会25人、東1-1子ども会18人、中1-1子ども会17人、父兄も入れて総勢百余名の大イベントとなりました。
最初に、行事を仕切る坂野指導員から作業の内容についての説明がありました。
初めに、主催者を代表して㈱山田組山田厚志社長から、野良サポーターのお姉さん達や大勢の方々の協力で開催することができました。皆さんの植えたイモが秋には大きくなり美味しい焼き芋が食べられます。いっぱい楽しんでください!と挨拶がありました。
協賛する名古屋市農業センター所長の代理として伊藤文美さんが、”お芋の好きな子手を挙げて”と呼びかけると”ウオー”という歓声が上がりこれで一気にイベントモードに!
子ども会を代表して岩橋さんからもあいさつがありました!班ごとの配置図や標識の畦番号を書いた団扇などを準備され行事の進行がスムーズに!
いよいよ植え付けの説明、野良サポーターの代表が植えつけの方法を実演しました。植え方は垂直植えを採用、先ず畝に40㎝間隔で穴を開け、芋苗を挿入し、砂を入れ、その上から水を注入するという流れ作業で植え付けます。穴あけ棒、砂入れ、水入れ道具は全て野良サポーターの手作りです。
畝ごとに班分けし、班に1名野良サポーターが指導に付き、一斉に作業開始!約1時間ほどで植え付けを完了しました。参加した子ども会員も半数ぐらいが経験者で段々と上手になって来ています。植え付けた芋苗はベニアズマ300本、鳴門金時300本です(苗の提供は名古屋市農業センター)
野良サポーターと子供たちは、次の芋掘りと焼き芋イベントでの再会を約して無事行事が終わりました。予定は10月29日です。
野良サポーターの皆さんお疲れさまでした。思わずガッツポーズ!
行事終了後、以前からお誘いのあったそば打ち体験イベントに有志で行くことに💛この行事は野良サポーターの久野久代さん、渡辺道代さんが平針の「ホットもっと」で、地域の方々とそば打ち体験をする行事だそうです。「私の脂と汗が混じった蕎麦だからおいしいよ!」との言葉につられて訪問した方々です。
蕎麦を振舞っていただいた久野さんと渡辺さんです。とてもおいしくて癖になりそうなお味でした。”ご馳走さま”💛
次回、作業は5月16日13:00からです。