2016年11月25日金曜日

11月25日天白農園日記 ニラ、スナップエンドウ苗植え付けなど

子ども会行事が終了後、最初の農園作業です。
ご参加いただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、高柳貴、黒木真澄、山内君子、渡辺道代、一柳初美、鈴木祝子、酒井徳子、石川君子
農業研究会
㈱山田組 筆者
です。
いつもの通り、坂野指導員の指示で作業開始、ニラ苗の植え付け、スナップエンドウ苗の植え付け、農作物残渣の畝間への敷き詰め、収穫などです。
















ニラ苗の植え付けは日当たりの悪いA区画に、一柳さんが作業指導に当たります。
酒井、石川、一柳の三人娘が息の合った作業であっという間に完了!
















B区画の畝間に、芋の蔓などの残渣を敷き詰め。
防草と堆肥化のために坂野指導員が編み出した新しい農法です。
こうすれば靴の汚れも少なくなり一石三鳥の効果です。
















スナップエンドウ苗はD区画に、蔓誘引用のネットを展張します。
参加者全員で手際よく作業が進みました。
















本日の収穫物は、大根、ブロッコリー、秋馬鈴薯、菊芋、抜き菜、サトイモ、ハヤトウリです。
10時の休憩時には一柳さん提供のミカン、焼き菓子、お茶をご馳走になりました。
ご馳走様でした💛
次回作業予定は12月9日金曜日09:00から行います。
本年最後の作業となりますので、ぜひご参加ください。
忘年会の予定ですが12月中旬ごろを予定しておられるそうです。
希望日を山内総料理長まで連絡してください。日程を調整していただきます。


2016年11月22日火曜日

天白農園日記 お知らせ

11月20日坂野指導員総指揮による地元子供会の芋掘りイベントが盛大に行われたとの連絡を頂戴しました。
出席者は次の方々が参加されたと伺っております。
野良サポーター
坂野清久、高柳貴、黒木真澄、山内君子、鈴木祝子、石川博恵親子、石川君子、洒井徳子、一柳初美、
黒木佳子、中尾武美、久野久代、小林佳子親子、渡辺道代お孫様3人、土井典江、岩橋麻有美
農業研究会
山田厚志、毛利尚弘、渡瀬敏雄


次回作業予定についても連絡を受けましたので皆様にお知らせします。
次回作業予定は
11月25日09:00
からです。
皆さまお誘いあわせの上ご参加ください。

2016年11月7日月曜日

11月7日天白農園日記 農園整備等

凛とした晩秋の天白農園にお集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、高柳貴、岡崎孝三、黒木真澄、山内君子、酒井徳子、増井玲子、一柳初美、長瀬美佐江、鈴木祝子、石川博恵、石橋麻有美
野良サポーター
㈱山田組 筆者
です。
作業開始に当たりいつものように坂野指導員の作業説明から始まりました。
本日の作業は、11月20日の行事に向けた環境整備が重点です。
その他に、D区画の耕起作業、大根などの間引き、ヤーコン・ピーマンなどの収穫などを行う手順や、子ども会芋掘り行事の進め方などについての説明もありました。
















芋掘り行事に使う鳴門金時畝のためし掘りも行われました。
大きな鳴門金時が”ゴロごろ”豊作の予感がします。
















子ども会行事に使う通路部分の整備も行いました。
泥を取り除き竹ぼうきで奇麗にして足場を良くする作業です。
石川博恵・岡崎孝三コンビが活躍!右後ろが芋ほり行事を行う鳴門金時畝です。
「私のように奇麗になったでしょう💛」と誰かがおっしゃいました!
















参加された皆さまです。
夕日に映える笑顔が眩しい💛です。
















前回の作業日から今日までに、有志の方々により、玉ねぎやレタスの苗の植え付けなどを行っていただいていました。
坂野指導員を中心に作業を進めていただき感謝!感謝です。
次回作業予定ですが
11月15日09:00から、その次が11月17日09:00から
いずれも20日の子ども会行事の準備です。
ご協力をお願いします。

参考ですが今週の本ブログへの国別アクセス数です。
日本~38
リトアニア~16
アメリカ合衆国~15
フランス~6
でした。
徐々に国際化してきますね!頑張りましょう!










2016年10月18日火曜日

10月18日天白農園日記 環境整理など

気温予想が29度と予報が夏日を予告しています。
そんな中お集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、岡崎孝三、黒木真澄、中尾武美、山内君子、渡辺道代、久野久代、増井玲子、石川君子、鈴木祝子、岩橋麻有美
農業研究会
大島造園土木㈱渡瀬敏雄、㈱山田組筆者
です。
いつもの通り坂野農業指導員から環境整備や農作業についての指示がありました。
引き続き、農業気象に関する講義があり、準備されたのは過去七年間平均気温と今年の気温比較資料です。
本年の気象の特徴は
温度について、1月上旬、2月中旬、4月上旬の気温が平均気温より2.3~3.5度高いこと
降水量については、1月中・下旬、2月中旬、4月上旬、6月上・中旬、8月上旬、9月中・下旬の降雨量が異常に多く、8月、6月、3月の降雨量が極端に少ないなど野菜の生育にとって極めて難儀な年であったことを統計資料により説明されました。
一同「なるほど!なるほど!」と頷いていました。
















坂野指導員の指示通り、受け持ち分担に分かれて作業に従事
















若手農業女子の岩橋さん!管理機を使いたいとのご希望で耕起作業をしていただきました。トマト畝の跡で実習!若い方は呑み込みが早い!
1時間くらいで完璧に操作を習熟。これで若手農業女子3人組が全て管理機操作可能になりました。「たのしい💛」かったそうです。
















集合写真です。皆さん汗びっしょりでも元気溌剌です。
















トマト畝跡の畝作りとマルチ張り。完璧!!
















ダイコン、ニンジンの抜き菜、空芯菜、冬瓜、ピーマンなど収穫野菜は参加者で分配しました。
















次回作業予定は、11月7日月曜日13:00から行います。
よろしくお願いします。
子ども会行事の準備は、11月15日、11月17日の両日に行う予定です。


2016年10月8日土曜日

10月8日天白農園日記 いも堀り

かろうじて降雨を免れました!
早速、芋掘り。本日ご参加いただいたのは(順不同敬称略)
名古屋市農業センター
三浦重徳
野良サポーター
坂野清久、高柳貴、中尾武美、酒井徳子、石川博恵、小林佳子、鈴木祝子
農業研究会
大島造園土木㈱渡瀬敏雄、㈱山田組筆者
です。
一斉にスコップでベニアズマを掘り出します。
















中央二列目の生育が良好で、デカいのが育っていました。ご満悦の渡瀬さん。
山砂をたくさん入れた畝の出来が良いようです。
コガネムシの幼虫も見かけましたが芋への被害はありませんでした。
心の優しい野良サポのお姉さん達は幼虫をそのまま土に帰してあげて見えました。














 

11月20日(予備日23日)の子供会行事に使用する焼き芋用のベニアズマを選別し、当日まで農業センターで保管していただくことになりました。
ざっと見積もって130人分はあるかと思います。
















形の悪いものなど焼き芋に適さないものは参加者で分配しました。
休憩時間にある方(匿名希望)が「今日は雨女(男)がいないよね」とのお言葉!
誰なんでしょうね?
次回の作業は
10月18日火曜日09:00から行います。
イベントに向けた圃場整備作業が主になります。
よろしくお願いします。


2016年10月3日月曜日

10月3日天白農園日記 ベニアズマの蔓取り

雨男&雨女は誰だ!
10月3日の作業日も雨😿
そんな中お集まりいただいたのは(順不同敬称略)
名古屋市農業センター
三浦重徳
野良サポーター
坂野清久、高柳貴、岡崎孝三、山内君子、増井玲子、岩橋麻由美、鈴木祝子、石川博恵
農業研究会
㈱山田組筆者
です。
とりあえず芋の蔓取りを行いました。
















ためし掘り💛
中ほどの畝のベニアズマは結構大きくなっていました。
イモを掘りあげてご満悦の岩橋さん、東1-1子ども会会長さんです「私が植えたのよ!」
三浦技師から「イモは濡れたまま保管するとカビが生えたり腐ったりするから」とのアドバイスがあり今日の芋ほりは蔓取りだけとしました。
















本日おいでいただいた方の集合写真です。
















作業終了後、隣の公園の東屋で芋ほり行事の打ち合わせを行いました。
実施日時 11月20日日曜日10:00開始(予備日10月23日)、子ども会の都合で変更不可
参加人数 東と向の山で約100名(保護者込)
行事内容 芋ほり(D区画の鳴門金時)、焼き芋
野良サポーターと農業研究会は芋ほりと焼き芋の指導に当たります。
昨年同様大勢のご参加をお願いします。

雨天続きでしたので次回の作業予定は
10月8日土曜日09:00から行います。
お誘いあわせのうえご参加ください。



















2016年9月29日木曜日

9月29日天白農園日記 いも堀り

いも堀を予定していましたがあいにくの雨天!
それにもかかわらずお集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
岡崎孝三、坂野清久、山内君子
農業研究会
岩間造園㈱加藤正二、㈱山田組筆者
名古屋市農業センター
技師 三浦重徳
です。
先ず芋の蔓を刈り取ることから始めました。
2畝取り除いたところでダウン!雨も止みそうにもないので本日の作業はこれまでとしました。
















期待した芋の出来具合もですがあまり育っておらず、栄養過多気味で蔓に養分が回ったみたいです。元肥にイモ化成を使い窒素分を控えたつもりでしたが、サトイモに施した養分がまだ多く残っていたかも知れません。
大きなものには皺がよっており、三浦技師がおっしゃるのには「これ以上は大きくならないと思います。」とのこと。来週に天気を見て作業を継続したいと思います。
















ご指導に来ていただいた三浦技師(右端)を囲んで集合写真です。
















この後に加藤正二さんが守山区のお得意さんから譲り受けた馬糞をダンプに運んできたいただきました。
馬糞堆肥はA区画農作業小屋裏に積みブルーシートをかけてあります。まだ未熟状態で、発酵して湯気が出ますが発火の心配はありません。
荷卸ししてからダンプが泥濘にはまり大変でしたが皆で力を合わせ無事脱出しました。
加藤さんご苦労様でした。
作業を早めに切り上げたので参加者で近くの喫茶店スワンに行き今後の作業予定などの打ち合わせを行いました。
次回作業予定ですが、10月3日月曜日13:00から行います。
鎌をお持ちの方は持参してください。
当日掘った芋は、子ども会のイベント用として農業センターで保管していただくことになっています。