2017年5月16日火曜日

5月16日天白農園日記 追加農作業など

「芋苗は活着してるでしょうか?」心配してお集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、一柳初美、増井玲子、長瀬美佐江、酒井徳子、鈴木祝子、山内君子、小林佳子、石川博恵
農業研究会
㈱山田組筆者
です。
芋苗は見事活着していました!早速水遣り、畝の真ん中の溝にホースで水を流すだけで灌水できます。坂野指導員の発案は素晴らしい!
A・B区画の湧水対策を若手で行いました。深さ40㎝ほどの溝を掘り、木材や竹などの資材を埋め込み湧水の通り道を作る計画です。
私たち”土木女子”の力を見よ!とガッツポーズ!意気軒高な若手野良サポ長瀬さん、石川さん、小林さんです。
治水工事の完成形です。資材の上に枯草などを敷き詰め通路にしました。これで靴の汚れも軽減されるでしょう。
D区画では、坂野指導員提供のモロッコインゲンを植えました。支柱は坂野さんと高柳さんが15日に作って下さったものです。
本日お集まり頂いた方々です。今日も良く働きましたね!
次回作業予定は5月25日09:00からです。
皆さんお待ちかねの研修旅行の内容が川原田ツーリストのみどり社長から送られてきました。
6月17日の行程表です。
 平針 8時 出発 →→→中央自動車道  恵那峡SA ( 休憩 )  →→→ 飯田IC →→→天竜峡 舟下り 11時 →→→昼食 長屋門 桒はら 12時 →→→昼神温泉 阿智の里 ひるがみ ♨︎ 14時30分→→→中央自動車道  恵那峡SA ( 休憩 ) →→→ 平針 17時
      舟下りとランチは予約済、 温泉も連絡済
申し込みは
野良サポーターの方は⇒山内総料理長に、天白農業研究会の方は⇒㈱山田組毛利取締役管理部長に今月中にお願いします。
マイクロバス利用で、参加費は大人5000円、子供1000円となる予定です。

2017年5月14日日曜日

5月14日天白農園日記 子ども会芋苗植え付けイベントを行いました。

雨で順延となった標記のイベントを予定通り行いました。
お集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
酒井徳子、高柳貴、中尾武美、一柳初美、石川博恵・真親子、小林佳子・真悠子親子、増井玲子、山内君子、黒木佳子、坂野清久、岩橋麻由美
農業研究会
大島造園土木㈱渡瀬敏雄、㈱山田組山田厚志、筆者
の皆さんです。
準備のため09:00集合、全員で円陣を組み気合を入れます。
10:00子供たちが集合、参加したのは向の山子ども会25人、東1-1子ども会18人、中1-1子ども会17人、父兄も入れて総勢百余名の大イベントとなりました。
最初に、行事を仕切る坂野指導員から作業の内容についての説明がありました。
初めに、主催者を代表して㈱山田組山田厚志社長から、野良サポーターのお姉さん達や大勢の方々の協力で開催することができました。皆さんの植えたイモが秋には大きくなり美味しい焼き芋が食べられます。いっぱい楽しんでください!と挨拶がありました。
協賛する名古屋市農業センター所長の代理として伊藤文美さんが、”お芋の好きな子手を挙げて”と呼びかけると”ウオー”という歓声が上がりこれで一気にイベントモードに!
子ども会を代表して岩橋さんからもあいさつがありました!班ごとの配置図や標識の畦番号を書いた団扇などを準備され行事の進行がスムーズに!
いよいよ植え付けの説明、野良サポーターの代表が植えつけの方法を実演しました。植え方は垂直植えを採用、先ず畝に40㎝間隔で穴を開け、芋苗を挿入し、砂を入れ、その上から水を注入するという流れ作業で植え付けます。穴あけ棒、砂入れ、水入れ道具は全て野良サポーターの手作りです。
畝ごとに班分けし、班に1名野良サポーターが指導に付き、一斉に作業開始!約1時間ほどで植え付けを完了しました。参加した子ども会員も半数ぐらいが経験者で段々と上手になって来ています。植え付けた芋苗はベニアズマ300本、鳴門金時300本です(苗の提供は名古屋市農業センター)
野良サポーターと子供たちは、次の芋掘りと焼き芋イベントでの再会を約して無事行事が終わりました。予定は10月29日です。
野良サポーターの皆さんお疲れさまでした。思わずガッツポーズ!
行事終了後、以前からお誘いのあったそば打ち体験イベントに有志で行くことに💛この行事は野良サポーターの久野久代さん、渡辺道代さんが平針の「ホットもっと」で、地域の方々とそば打ち体験をする行事だそうです。「私の脂と汗が混じった蕎麦だからおいしいよ!」との言葉につられて訪問した方々です。
蕎麦を振舞っていただいた久野さんと渡辺さんです。とてもおいしくて癖になりそうなお味でした。”ご馳走さま”💛
次回、作業は5月16日13:00からです。

2017年5月12日金曜日

5月12日天白農園日記 イベント準備ほか

子ども会芋苗植え付けイベントを翌日に控え、準備のためにお集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、高柳貴、黒木真澄、佳子夫妻、山内君子、一柳初美、酒井徳子、鈴木祝子、増井玲子、小林佳子、渡辺道代、岩橋麻由美、久野久代
農業研究会
大島造園土木㈱渡瀬敏雄、㈱山田組筆者
の皆さんです。
本日の作業指示の前に坂野指導員から「明日13日は天気予報によると大雨の予報なので、予定を変更し明後日の14日日曜日に開催することとします。」との連絡がありました。
早速、主催者に連絡するとともに、協賛の名古屋市農業センターに行き芋苗の手配の段取りなどを打ち合わせしました。
イベント準備のために、圃場の整理整頓と除草を皆で行った後、指導方法のリハーサルを入念に行いました。植え付けに使う棒や砂、給水用のペットボトルも準備しました。
立ち入り禁止区域の表示や安全通路の確保など、坂野指導員の指示でテキパキと進められています。
一段落したところで小休止!皆さんの額の汗がキラキラと輝いています!
A・B区画の原野も刈り払い機できれいに除草されました。木の枝や作物残さ、除草した草などを積み上げ堆肥の材料にします。作業に当たった小林さん(この方も佳子さまです。)「キャンプファイヤーみたい💛、作業の成果が一目瞭然ね!」と感嘆しきり!
刈り払い機に興味を示された「佳子さま」勇敢にも草刈りに挑戦!
危険な作業なので、平らで人のいない場所を選び、操作の手順と安全性についての諸注意を行い、前掛けとゴーグル、厚手の防護手袋をしてから実習を行うことにしました。
流石!農業女子すぐにコツを会得!!
練習後、渡瀬さんから更に「刈り払い機での除草作業は非常に危険な作業なので、建設会社では講習を受けさせテストを行ってからでしか作業はできません。」と前置きして、刈り払い機の種類、操作方法、安全な操法など伝授されておられました。
ということで、子ども会の芋苗植え付けイベントは天気予報を参考にして、いちにち日延べしました。
新しい実施日は5月14日日曜日です。野良サポーターの方は09:00集合、行事開始10:00、行事内容は前回お渡しした予定表の通りです。
今後の予定ですが
5月16日13:00から
5月25日09:00から
です。

2017年5月1日月曜日

5月1日天白農園日記

前回の植え付け作業(ピーマン)の続きと5月13日の子ども会イベントの打ち合わせと圃場整理、併せてA区画の排水路と高畦造りを行いました。
ご参加いただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、山内君子、鈴木祝子、一柳初美、黒木真澄、高柳貴、渡辺道代、増井玲子、川原田みどり
農業研究会
大島造園土木㈱渡瀬敏雄、㈱山田組筆者
です。
作業指示の後、子ども会行事についての打ち合わせがありました。
①野良サポーター集合~09:00 ②子ども会集合~10:00、参加する子ども会人数 東1‐2=26名、向ヶ丘=25名、中1‐1=20名 ③雨天中止とするが、行事開催決定は当日07:00坂野指導員が判断する。野良サポーター個々には連絡しないので開催についての問い合わせは参加者が坂野指導員に電話して確認すること(坂野指導員電話番号052-784-7155) ④行事主催者~名古屋建設業協会、協賛~名古屋市農業センター、行事の流れ~主催者挨拶、協賛者挨拶、子ども会代表挨拶、作業手順の説明(坂野指導員)、芋苗600本植え付け、安否確認して行事終了(配布資料あり)
圃場整備清掃には、渡瀬さんが刈り払い機を持参され綺麗にしていただきました。
A区画の排水路作り作業に汗を流す高柳さんです。力仕事ご苦労さまです!これで湧水への対応は少しは良くなるかもしれません。
玉ねぎの収穫も行いました。今年は昨年と違い大豊作です。増井さん一柳さんが玉ねぎを抱えて大喜び💛、坂野指導員から、過去8年間の平均気温と今年の気温を比較し、今年の玉ねぎの出来が良いわけを教えていただきました。
休憩時に川原田ツーリストの副社長から6月17日の研修旅行先についてのご提案がありました。”メーンは長野県飯田市における農業の現状と将来構想車中視察、余興に天竜川下りと温泉で会員の親睦を図る”という案です。ご意見をお寄せください。大勢のご参加をお待ちしております。
次回作業予定は5月12日09:00から、子ども会行事の最終準備を行います。
本日おいでいただけなかった方へ玉!ねぎは農器具庫に保管してあります。

2017年4月28日金曜日

4月28日天白農園日記 苗の植え付けなど

いよいよ夏野菜の植え付けです。
キュウリ、トマト、ナス、トウモロコシ、スイカ、ピーマンなどなど、お集まりいただいたのは(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、山内君子、鈴木祝子、酒井徳子、一柳初美、黒木真澄・佳子夫妻、長瀬美佐江、高柳貴
農業研究会
㈱山田組筆者
の皆さんです。これから植え付ける苗の種類です。トウモロコシ、スイカなどの苗は坂野指導員が育てられたものです。

作業開始前のミーテイング、坂野指導員の丁寧な説明が行われます。
25日の作業で、立派なキュウリの支柱がすでに出来上がっています。
いよいよ植え付け開始!植えるのは楽しいですが準備が一苦労です。準備していただいた方々に感謝しながら作業を進めます。
本日のトピックス”佳子さま来園”
”佳子さま”と連れ合い”真澄閣下”のツーショット💛です。お二人のご令嬢の中にも”紀子さま”がいらっしゃるとか!いつも仲のおよろしい黒木夫妻でした。
野良サポーターの中に”もう一人の佳子さま”がいらっしゃいます。小林佳子さま💛です。
集合写真です。日影が恋しい季節になりました。
お昼には作業終了!玉ねぎが豊作です💛次回に全部収穫したいとの坂野指導員からのご指示がありました。
今後の行事予定です。
5月1日09:00~農園作業
5月12日09:00~芋苗植えつけイベント準備
5月13日09:00~子ども会芋苗植え付け指導(予備日14日)
5月16日13:00~農園作業
5月25日09:00~農園作業
6月17日08:00~研修旅行(平針駅集合)研修先未定(川原田ツーリストに要請中)

2017年4月26日水曜日

4月25日天白農園日記 坂野指導員投稿

皆さま今晩は!
4月26日坂野指導員から次のような連絡がありましたの掲載します。

 坂野です。4/25(火)天気も良く畑の水も引き、前回できなかったB区画の棚組を一部有志で作業をおこないました
 きゅうりとトマトの棚組まで一部残して終わり、いよいよ4/28(金)夏野菜の定植準備が整いました。
 昼から山内さん、一柳さん、若手の3人組 石川博恵さん、久しぶりの岩橋さん、小林佳子さんも加わり、メンバー大爆笑しながら、棚組作業もスムーズにすすみ終了後、苗買いに走り楽しい1日でした。
4/28定植予定: きゅうり(夏すずみ、北進)、ミニトマト(アイコ赤・黄)、なす(庄屋大長、黒陽)、サトイモ(早生)、スイカ(大玉)、トウモロコシ(ピーターコン)、6品種約100本植える予定です ( )は品種です。
*当日5/13日(土)にむけて圃場環境整備の日を別に設けたいのでよろしくお願いします。
有志メンバー参加者(順不同敬称略)坂野清久、高柳貴、山内君子、一柳初美、石川博恵、岩橋麻有美、小林佳子

連絡は以上です。
次回作業予定は4月28日09:00からです。
お誘いあわせの上ご参加ください💛

2017年4月18日火曜日

4月18日天白農園日記

本日筆者欠席のため坂野指導員からの連絡を掲載します。

坂野です。
昨日の雨で農園の中は水浸し状態なのでB区画の作業はあきらめて下記の作業に切り替えました。
1-畝排水用の溝切り
2-農園全体の草取り作業
3-スイカとトウモロコシの畝つくり
4-きゅうり、トマト支柱用竹切り出し

以上足場の悪い中みなさん一生懸命に作業を行い、農園の中がきれいになりました。
早生のタマネギ(春一番)が収穫時期になりお土産として持ち帰り、みなさんニコニコ顔
次回の作業日 4/28(金曜日)には本日できなかった、B区画、夏物野菜の棚くみを行います。
きゅうりの網立て、とまとの棚などいよいよ本番が近づいてきました皆さん、たくさんの
参加をお願いします。

本日の参加者(順不同敬称略)
野良サポーター
坂野清久、高柳貴、黒木真澄、増井玲子、山内君子、一柳初美、石川君子、渡辺道代、黒木佳子、鈴木祝子
農業研究会 
大島造園土木㈱渡瀬敏雄